Born To Lose

アクセスカウンタ

zoom RSS JスポRAW感想

<<   作成日時 : 2010/01/16 13:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、仕事帰りには暖房器具を買い損ねた。
でも、どうしても今朝の寒さが怖くなり(笑)
夜中に開いてるド○キへ。あんま行きたくなかったが…
お店の雰囲気がどうも好きじゃないんだよなあ。

まず駐車場。深夜にもかかわらず10台ほど停まってたが、
俺以外、全て軽ワゴンかミニバン。いかにも、って感じ。
その中で俺のセダンがさほど浮いてないのも悔しい(笑)
で、店に入ってお手頃な加湿ヒーターを買えたはいいが、
出口がわからない。殆どの通路が袋小路になるレイアウト。
昔、悲惨な事件もあったというのに…相変わらずだなあ。
あと、客の多くが買い物はしていないっぽい(^ω^;)
店の派手な照明に導かれて集まって来たようだ。蚊か(笑)
深夜に営業してるのは便利だが、店のコンセプトとしては、
敢えて不便を作り出し、いわゆる普通の客を遠ざけて、
"そういう"客が集まりやすい雰囲気を演出してるのかも。
それはそれで商売の考え方として一つだとは思うが、
残念ながら彼らは買い物をしてないぞ(笑)

ではRAW感想

今週のゲストホストはブレット・ハート!
Vintage Collectionでの印象が強過ぎるためか、
比べちゃいけないのは当然だが、えらく老けたなあ。
声も潰れちゃってるし。ゴーバーのせいなんだっけ。

ブレットは真面目な挨拶の後、HBKを呼び出す。
呼びかけに応じ、神妙な面持ちでHBK登場。
ブレット「和解しよう。休戦だ」
この期に及んで"休戦"って言い方がカッコいいなあ。
HBK「その前に言いたかったことを言わせてもらいたい。
   お前はモントリオールで当然の報いを受けたんだ。
   当時、お前は団体や俺に敬意を払ってなかった」
ブレット「反論はしない」
HBK「俺は自分のやったことに後悔はない。
   だが、12年経った今は冷静に考えられる。
   俺にはモントリオールよりも忘れられない試合がある。
   アナハイムでやった史上初の60分アイアンマン戦だ。
   俺とお前は闘い抜き、業界の常識を打ち破った。
   お前は完全無欠のレスラーだ…12年間沈黙してきたが、
   いいかげん俺も先に進みたい。俺も和解したい」
ブレット「そうだ。モントリオールに縛られるべきじゃない。
     こうして再び2人でリングに立てたんだ。友情を誓おう」
ブレットの握手の求めにHBKが応じ、和解成立。
去ろうとするHBKが一瞬スイートチンの位置関係になるが、
HBKは戻ってハグ。2人とも笑顔は微塵もないけど(笑)
おそらくビンスとの間よりも、同じレスラーであるHBKとの方が、
あれはビジネスだった、と割り切れないものがありそうだな。

ブレット「もう1人和解しなきゃいけないヤツがいる」
そうなるわな。しかし、ビンスは出てこない。
まあ、それこそビンスは裏方の最高責任者なわけで、
ブレットの出演が決まった時点で和解は済んでるからな(笑)

マリースvsブリー。
リングイン時のマリースのパォーマンスムーヴ、
ベルト持ってないとしっくり来ないね。言っちゃ何だが、
ストリッパーの動きにしか見えない。結構なことだ(笑)
ベラ双子が入れ替わったが、マリースは気づいており、
攻撃を畳み掛けて勝利。三味線が成功しなかったとは言え、
下ろしたての状態で3カウント取られるニッキーって一体(笑)

MVPvsヘンリーvsスワガーvsカリート。US王座挑戦者決定戦。
王者のミズが実況席。声のトーンを変えて、流暢なしゃべり。
相変わらずRAWは中堅を気まぐれに起用する状態のため、
US戦線が安定しないのに、着々と格を上げてるミズは凄い。
ミズは下手にプッシュせず、時間だけ与えといた方が
勝手に伸びてくのかも。あ、試合もそこそこ盛り上がってます。
MVPがスワガーにプレイメイカーを決めて勝利。

GMルーム。ブレットの元にジェリコ。
ジェリコはブレットに世界タッグ戦の特別レフリーを頼み、
HBKをハメるように言うが、ブレットは拒否。
ブレット「もう過去を蒸し返したくないんだ」
やっぱHBKとの関係はパロディに出来ないんだろうな。

HHH&HBKvsジェリコ&Bショー。タッグ王座戦。
やや大味な内容だが、会場は熱狂。お正月だからかな。
ジェリコがWOJをHHHに決めたところで、HBKがスイートチン。
HHHがカヴァーして終了。これでジェリコはRAWから完全追放。
でも多分、これからもジェリコはRAWに絡んで行くだろうね。
そもそもジェリコがRAWに拘る必要は全くないのだが、
RAWの方がジェリコにつきまとってるからな(笑)

ビンスは会場には居るようだ。そこへオートン。
オートン「今夜あんたは過去を清算するつもりだろ。
     そこで一つ提案があるんだが…」
ビンス「ブレットとの過去など、正直どうでもいい。
    お前が私と私の家族にした仕打ちは忘れられん」
ずっとグダグダにしといて、突然思い出すなよ(笑)

シェイマスvsボーン。
シェイマス、ボーンのSSPをカウント2で返しちゃってた。
だから、そういう"どうとでも出来る"結果だけ与えても、
WWE王者の格は身につかない。ほんと、ズレてるよなあ。
レーザーズエッジでシェイマス勝利。

コール&キングがスティーヴ・ウィリアムズ追悼コメント。
WWEでの活躍はそれほど目覚ましいものではなかったので、
追悼映像は流れなかった。日本かWCCWの映像使わんとな。
しかし日本のファンにとっても、馴染みは深いものの、
プロレスラーとしての実績は功罪大きかったような気がする。
技が危険過ぎた。いわゆる四天王プロレスの激しさの基礎が、
垂直落下等の危険技に偏っていくハシリとなってしまった。
勿論、それだけのインパクトを持っていたレスラーでもあった。
ご冥福をお祈りしますm(_ _)m

オートンvsキングストン。
デビアス&ローズが観戦。オートンが負けたらレガシー追放。
レガシーって誰に何の決定権限が割り振られてるんだろう。
もうマヌが「俺だけがレガシー。他の奴等は全員追放」とか
言っちゃってもいいよな。言える機会すらないけど(笑)
試合の方は、今回もキングストンを餌にオートンが蛇プレイ。
終盤はキングストンも頑張ったが、RKOで終了。

ビンス登場。
ビンス「私とブレットが和解する必要はない。
    先程ブレットがHBKと和解するのを見て安心した。
    で、来週のゲストホストはマイク・タイソンだ」
現在のタイソンの商品価値が如何程かは知らんが、
ゲストホストで勝負に来てるな。ギャラとか大丈夫かね。
毎週100万ドルをバラ撒くよりは安く上がるだろうけど(笑)
そこへブレット。リングに上がるが、無言。
ビンス「…観客は貴様が私を痛めつけることを望んでいる。
    シャープシューターでな。だが、話し合おうじゃないか」
ビンスはモントリオール事件をブレットの自業自得だと言う。
基本的にHBKと同じ。クドいくらい団体の立場を強調するねえ。
確かに王者のまま団体を去りたいというブレットの要求は、
WCWと興行戦争中のビジネスとしては不当なものだったが、
長期契約を突然打ち切られた当時のブレットの気持ちもわかる。
結局、競争相手のWCWが無惨に消えてなくなったことからも、
業界的には90年代後半という時代が異常だったんだろうな。

ビンス「今度は貴様の話を聞こう。私が聞きたい言葉は、
    ますは"I'm sorry,"だ。貴様を怒らせるつもりはないが」
ブレット「俺が言いたい言葉はちょっと違うな。
     12年の重荷を下ろしたい。和解したいだけだ」
ビンス「正直に言おう。私も貴様と和解したかった」
そう言うと、ビンスはブレットのWWFでの輝かしい実績を、
さも楽しそうに話し出す。ブレットもやや感極まった表情。
ビンス「モントリオール事件に私情が絡んでしまったのは、
    私が貴様を息子同然に思っていたからなんだ。
    父親と言えば、スチュ・ハートを今年殿堂入りさせたい」
ブレット「ありがとう」
ビンス「私もファンも、貴様には感謝している。
    今夜は昔のままの貴様と話せて良かった。
    貴様は、昔も今も、これからも最高の男だ」
両者握手。並んで両手を掲げ、観客にアピール。

と、ビンスがブレットに急所蹴り!Σ( ̄Д ̄;)!
…さすがです(笑)
でも、昔話中のビンスは本当に嬉しそうだったし、
ブレットも凄くいい表情だった。スキットとは言え、本心でも、
ビンスとはもうわだかまりがなくなってるんじゃないかな。
でなきゃ気軽にキ○○マ蹴らせるわけにいかんしな(笑)
さすがに直前のブレットは若干表情がこわばってたけどね。
そりゃ何年ぶりかのローブローだもんな。
一般人ならそうそう蹴られる場所じゃないし(笑)

今週は試合も盛り上がったが、内容はそれほどでも。
観客のテンションが異常だっただけ。結局はブレットに尽きる。
表面上は平穏に和解したHBKとのスキットよりも、
バッドエンドのビンスとのスキットの方が、心温まった。
その逆転現象が、歴史の重みを表してる気がする。

さて、ヒーターでぬくぬく状態なのだが、
そもそも今日は昨日一昨日ほど寒くない(笑)
どうも買うタイミングが一歩遅かったような(-。−;)
散歩でも行って来るか

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JスポRAW感想 Born To Lose/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる