Born To Lose

アクセスカウンタ

zoom RSS WWE"2007 Royal Rumble"感想

<<   作成日時 : 2007/02/18 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

この間、USBハブを買った。
安いのが欲しくて買ったら、変なのだった。
光ってて、色が変わるねん。
画像
画像
画像












だから何だって話ですけどね…
スリープモードでも光ってるから、
少しウザイが、手元ランプ的には使える。
でも、お化けと間違えて、たまにびっくりする。
もっとも、本物のお化けそのものを知らないので、
お化けと間違えるという言い方はおかしい。
これがお化けかもしれない。俺がお化けかもしれない。
みんなお化(ry

Royal Rumble感想。
WWEのPPVの中でも、基本的にはハズレがない部類だが、
去年はいまいちだったような気もする。さて。

ハーディーズvsMNM。
何度もやってる対戦だが、マーキュリー負傷後は
タッグマッチでは初。もっとも顔面プロテクター、
アップで見るとかなり丈夫そう。これなら影響無いな。
ハーディーズの入場、カッコいいよねえ。
昔はそう思わなかったんだけど、ジェフが太ったんで、
ちゃんと兄弟らしく見えるようになってオーラ増した。

マットが捕まるという意外な展開から、ジェフにタッチ。
ジェフは試合上手くなったとはいえ、ラッシュは苦手だが、
ちょこちょこ歩数合わせつつ、技がタイミング良く決まると、
「よし!」みたいな表情になってるのが、妙にかわいい(笑)
この、ちゃんとしなきゃ、って意識が前は無かったんだよな。
しかし、今度はジェフが捕まる。第一試合にしては引っ張ってる。
で、マットにタッチ。マットのラッシュは素晴らしい。
マットのTOFからジェフのスワントーンでナイトロをピン。
十分過ぎる程会場を暖めた好試合。

ランブル戦の出場順を決める抽選。
コーチマンとセオドアがいる。
そういえば、いまECWはGM居ないんだよな。
厳密に言えばRAWも居ないんだけどね。
もっと厳密に言えばSmackdown!も居ないも同然(笑)
代わりにECWからはケリーが居る。

エッジが抽選にやってきた。
ケリー「ハーイ。私が抽選箱を回す役なの」
なのに勝手に回して番号を取るエッジ(笑)
エッジ「抽選箱を回す?君には難しい仕事だな。
    ケリーケリーって二度繰り返す名前は、
    自分の名前を一度で覚えられないからなのか?」
頭の弱いケリーを馬鹿にして楽しむエッジ。
そこへオートン登場。
オートン「ケリー、こいつのことは気にするなよ。
     この男は先週俺に投げられて頭がおかしいんだ」
そう言いつつ、オートンも勝手に番号を取る。
ケリーもちゃんと回す仕事しろや(笑)
エッジはオートンの番号札を見ようとする。
オートン「触んなや」エッジ「見せっこしよう」
なんか面白いな。バカ兄弟っぽくて。
そこへキングブッカー。自分の出る空気と読んだか(笑)

ラシュリーvsテスト。ECW王座戦。
RRの構成上、この位置でトップ王座戦もおかしくはないが、
ECWの場合はトップ王座扱いされてない故の位置なんだろうな。
あ。ラシュリーの入場でエプロンに飛び乗るやつ、
コーナーから火薬出た。完全にレスナーの入場じゃん。
ラシュリーは気持ち入ってていいんだけど、
テストが間を取り過ぎ。試合の展開を抑える間ではなくて、
立ち上がるのがワンテンポ遅いとか、ダメな間。
腕取ってても、どこが痛いの?としか見えない。
根本的にはテストはテスト。変わってないんだよなあ。
早く終わんねえかな。あ、テスト逃げた。RO負け。
ラシュリー、怒ってテストをリングに戻し、
オクラホマスタンピード。いいよ、そんなのしなくて。
観客の一部からECWチャント。この状況で!?
これでECWチャントとドリフ大爆笑の笑いが同じと判明。

バティスタvsケネディ。世界王座戦。
ケネディのタイツ黒かよ。別に見分けつかないわけじゃないが、
やっぱ視覚的な問題は意識して欲しいよね、王座戦だし。
バティスタ、場外戦で鉄階段に左足をぶつける。
ケネディ、裏足四の字のような裏ナガタロックのような、
不思議な足殺し使った。体硬いバティにはキツそう。
ケネディは中盤作れるレスラーだよね。
びっこ引きながらも反撃するバティ。なんか可笑しい。
びっこ引いてるのが可笑しいなんて言ったら外道だが(笑)
ドタバタしながら突然首固めとかスパインバスターとかね。
面白い試合だ。会場からケネディコールが起こりつつも、
バティはバティでかわいいんで(笑)ブーイングは起きない。
バティスタボムで終了。

ソーンが抽選を引きに来た。
コーチ「フリークスばっかだな…」
呼ばれたと思ったのか、フィンレイの妖精登場(笑)
こいつが出場するわけじゃないよな?あくまで代理ね。
コーチと楽しく絡む。そこへカリ登場。またフリークスか…
まとめて3個引く(笑)
コーチ「あの、一つだけなんですけど…」
2つを床に落とし去るカリ。それを拾うケリー。
ケリー「あら、こんな大きなタマは…」
シモンズ「Damn!」
ここに来たってことはシモンズも出るのかよ(笑)

シナvsウマガ。ラストマンスタンディング形式のWWE王座戦。
JR「36年前の今日、サンマルチノがイワン・コロフに
  WWE王座を奪われました」
ムダ知識乙(笑)
シナは腹にテーピング。テーブル葬されたからな。
暴走キャラながら冷静に腹を狙うウマガ。
キング「エストラーダが命じたんだ」
エストラーダが何やら言う前にカウンターで攻撃してたんだが、
そう言っとかなきゃウマガのキャラ崩れるもんな(笑)
シナにはまだ若干のブーイングがある。しつこいな。
大きいPPVだと客層悪いからなあ。

ウマガのラリアットでシナが最初のダウン。7。
ラリアットでってのは日本的だな。
WWEの場合、ラリアットされたらすぐ立つのが基本。
シナ、鉄階段を場外のウマガに投げる。
なんとかウマガはガードしたが、えらく危険だな。
てか、あの重い鉄階段を投げるシナも凄いが、
ガード出来るウマガも凄い。ウマガのダウンカウント5。
リングに戻りウマガがニールキック。全然元気じゃん。
さっきの鉄階段はなかったことになったらしい(笑)

ベアハッグからシナがダウン。カウント8。
今度はウマガが鉄階段をコーナーに立てかけ、
シナをサンドイッチしようとする。が、自爆。
シナが鉄階段攻撃。カウント6。
しかし、両者とも凶器は鉄階段しか使ってない。
軽々使ってるけど。怪物性出て来てるな。
ウマガが回転サイドエフェクト。鉄階段はなかったことに(笑)
ヒップドロップを膝で迎撃したシナ、
ウマガを鉄階段にフェイスバスター&旋回バックドロップ。
鉄階段上のウマガに5ナックルシャッフル。ギロチン式に決まる。
だが、腰負傷のせいかFUは崩れ、自ら鉄階段に顔面強打。
カウント8で立ったシナだが、流血。
会場からはシナSucksチャント。お前等黙れ。

何度もダウンするシナ。一方のウマガはノーダメージ。
シナも気合いを振り絞るが、カウンターのサモアンドロップ。
親指はカットしたシナだが、ヘッドバット喰らう。
ウマガ強え。が、ダイビングレッグドロップでシナ反撃。
新たな凶器登場。シナがTVモニター攻撃。ハンセンだ!
まあ、鉄柱に当たってたけど、重い凶器使うねえ。
ウマガ、3番組並んだ実況席を駆けてのランニングボディプレス。
が、シナが避けて自爆。だが、ウマガはカウント9で立ち上がる。
リングに戻ると、エストラーダがコーナー金具外してる。
トップロープ外れた。ウマガがターンバックル使って攻撃。
しかし、シナはカウンターのFU。逆にターンバックルで一撃。
そして、ロープをウマガの喉に絡めてのSTF-U!
そう来たか!てか、殺人じゃねえか!(笑)
でも、まだ立とうとするウマガ。こいつは…
再び首絞めるシナ。さすがにウマガも立てず。
10数えられ、シナ防衛。

いやあ、凄い試合だった。ドラゴンならストップ(笑)
シナがダウン奪ったのって、凶器かウマガの自爆だけ。
でも、その闘い方によってウマガの怪物性存分に出たし、
ただの殺し合い(笑)ではなく、見事なプロレスになってた。
個人的にはシナvsウマガには怪物同士の闘いを期待してたが、
ウマガのみを怪物に仕立て上げる方向で、しっかり魅せた。
まあ、シナは子供ファン多いから、あんま怪物でも困るし(笑)

ここまで大当たりだな、RR。
ひとまず〆。内容良過ぎて疲れたかも。
昨日の全日両国もそういう疲れなら良かったんだけど…(;´Д⊂)
ま、最初にくだらない写真貼ったせいで記事長くなったんで、
ここらで記事分けとこうってとこだ。

でも衛星写真は貼る(笑)
重文の城シリーズ。北からいきます。
弘前城。

天守はいまいち。建て売りの城みたいな雰囲気(笑)
ここも桜の名所なんだってね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
左膝が痛かったのです
先週から悪いことが続いています。 ...続きを見る
[毎日走ろう!楽しいランニング]
2007/02/26 21:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
WWE"2007 Royal Rumble"感想 Born To Lose/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる